住環境事業

ナノミスト

NANO-MIST 超微細水粒とマイナスイオンの空間 住まう人の健康に配慮した住宅のご提案

CORONAの水破砕技術による超微細水粒『ナノミスト』

こんなに小さいコロナのナノミスト。

ナノミストとは何か?

コロナ独自の水破砕技術を使ったナノミスト発生機がつくりだす超微細な水の粒は、これまで人の手で生み出されたものの中では桁違いに小さなサイズです。その大きさは約10~50ナノメートル(約10~2万分の1ミリメートル)。それは、水の分子が数個~数十個集まったレベルです。ナノミストは毛穴より遥かに小さい水粒なのです。

清潔なナノミスト

ナノミストが清潔な理由は、そのサイズにあります。ナノミストはあまりにも小さいために、ほとんどの物質はナノミストの粒に入り込めません。そのため、臭い物質や細菌、花粉なども空気中に出されることなく、清潔な空間を作り出します。

水濡れ感がないナノミスト

雨にあたれば濡れるのは当然ですし、霧やもやの中に入っても服や髪が湿っぽくなります。ところがナノミストの場合は水の粒があまりにも小さいため、目に見えず、一般的なミストのような水濡れ感がありません。水濡れ感がないのに、湿度90%が保つことも可能です。

ナノミスト発生機だけの水破砕技術※

コロナ独自の回転する金属網に水を衝突させる方式で、10~15ナノメートル(約10万~2万分の1ミリメートル)の超微細水粒を大量に生成します。水を破砕することで、ナノミストを大量に生成し、室内を満たします。

※特許取得番号 第3051055号

ナノミストとマイナスイオンが生命に及ぼす驚きの作用

2010.6.28撮影(2010.4.30採取)

満開の時期に摘んだ桜の花が、2ヶ月たっても活き活きと咲いています。

ナノミストとマイナスイオンに包まれた空間は、生命や細胞に驚くほどの効果をもたらします。

青山に都心初の体感スペース誕生!あなたも驚きの効果をぜひ体感してください!

体感のご予約はコチラ!

ナノミストのさまざまな効果

ナノミストには多くのメリットが確認されています。それらはすべて人の生活に役立つものばかり。現在、さまざまな分野で活用が進んでいます。今後の可能性は無限です。

青山に都心初の体感スペース誕生!あなたも驚きの効果をぜひ体感してください!

外苑前の「ナノミスト体感ショールーム」では、ナノミストを利用した家庭用サウナ「NANO-RICH」や、ナノミスト発生器を設置した部屋の快適さを体感いただけます。

場所は、東京メトロ銀座線「外苑前」3出口のすぐ隣です。

「体感レポート」のページでは、実際に「NANO-RICH」を体感された方のご感想を動画で配信しています。

ぜひご覧ください。

体感ご予約 体感レポート

くわしくはこちらをクリック

ナノリフレ  ナノミストサウナ  World of AQUA

光冷暖

光冷暖 風のないここちよさ 環境にやさしい空間づくり

エアコン不要!!冷暖房の常識が変わります!

光冷暖は、風も音もなく、身体に負担がないばかりか、CO2の排出も少なく、エコ・環境問題にも大きく貢献できるシステムです。光冷暖は、この50年間主流だったエアコンに革命をもたらすシステムです。

体感者のご感想を動画でご覧ください>>
光冷暖の体感者の感想動画

エアコンのいらない家を作りたかった。

イラスト

夏は冷房、冬は暖房。エアコンが当たり前になって街はヒートアイランド。
いま、日本がどんどん暑くなっている。でも、昔の日本人はエアコンなんて使っていなかった。家の造りも変わって高気密、高耐久、丈夫になってたしかに冷暖房がよくきくようになったけど。

ほんとにそれでいいのかな。

冷房を入れると、パパは暑いというし、ママは冷えすぎというし。
風が肌にあたるし、ほこりが舞うし、なんだか体もだるい。

ヒートアイランドって?エアコンの排気熱や車の排気ガスなどによって気温が上昇。特に都市部では樹木が少なく、気温が高温になり、更なる冷房の使用が悪循環を生んでいます。ヒートアイランド現象を緩和するには、空調機器やエネルギー消費機器の高効率化、建物の断熱化、省エネ化・交通や物量の効率化・屋上や壁面の緑化などが求められています。 イラスト

エアコンがいらない家にしたいな。
エアコンを使わずに部屋を涼しく、温かくする方法。

セラミックが持っている光のエネルギーを使ってみたらどうだろう。

それを効果的に使う方法が見つかれば。
省エネもできてコストも少ないなら、もうエアコンがいらないかもしれない。

イラスト

日本中の人たちがエアコンを使わなくなったら、二酸化炭素も少なくなるよね。 イラスト

北極の氷が溶けて困っている白熊も、自分たちの住んでいる島が海に沈もうとしているところも 救えるかもしれなね。

エアコンがいらない家、「光冷房システム」を発明したんだ。

壁や天井にもひと工夫したから、 空気もきれいだよ。

二酸化炭素が増えるとどうなるの?地球の温暖化を進めているのは、主に大気中に排出される二酸化炭素。国民一人当たり排出している二酸化炭素は、1日平均約6kg。1kgはサッカーボール100個分の体積に相当します。このまま地球温暖化が進むと、大雨が増加したり、熱帯性の伝染病などが広がるなど心配されています。 光冷暖システムとは?空調機器の主流であるエアコンのように、送風によって空気を冷やしたり、暖めたりする冷暖房ではありません。セラミックを活用した光エネルギーにより体感温度をコントロールして、快適な空調をキープするシステムです。エアコンがもたらす様々な不快感を解決しかつ環境へ配慮した画期的な特殊システムです。光冷暖システムは、石の癒株式会社が開発した室内環境調整システムです。(国内特許取得済み) イラスト

部屋に入ると、みんなが言うんだ。

エアコンがないのに空気もすぅ~として気持ちいい!

夏はひんやり、冬はぽかぽか、湿度ムラもなし。

音が無く、風も無い。

ライフスタイルを変えるのは勇気がいるけれど、もう、時間がないんだ。

地球をきれいなまま未来のこどもたちにものこしてあげなくちゃ。

エアコンがいらない家、それはぼくたちが今できることだから。

(株)エース・コーポレーション TEL03-3408-0523 担当:大野 友子

光冷暖システムとは?

光冷暖は、エアコンのように、送風によって空気を冷やしたり、暖めたりする冷暖房ではありません。特殊な石を活用した光エネルギーにより、体感温度をコントロールし、快適な空間をキープします。
エアコンがもたらすさまざまな不快感を解消し、かつ環境へ配慮した画期的な特許システムです。

水を通すフィンを室内に設置します。フィンと家の壁・天井には、特殊なセラミックパウダーを施します。フィンに水が流れると、パウダーが光の波長(遠赤外線)を共鳴させて、快適な室温に調整する仕組みです。